パソコン教室オズ(愛知県)さんの「脳若」人材育成方法とは?

最初は怪しいと思ったけど、本物です。

今日は、愛知県のパソコン教室オズ(株式会社オズワールド)西島さんをご紹介します。

現役サーファーで、一見クセのある西島さんですが(スミマセン!)小さくて元気な子供さんたちをご夫婦で育てながら実は子煩悩なのかな?家族サービスにも余念ないようです。(ですよね?奥様!)

こちらはオーナーである西島さんがトレーナー。初年度、奥様とパート社員1名をコミュニケータとして登録。教室内だけでなく外へ向けて精力的に活動されています。
また、世代交代により「NPO法人ライフサポートみわ」の代表も引き受けられ、地域の障害者・高齢者の住みやすいまちづくりを目指して活動。県内のライセンス先様とも協力してやっていこうという、そんな懐の深さもある、パワフルな方です。
ある日の私のFacebookにこんな言葉を投稿してくれました。「最初は怪しいと思ったけど、これは本物です」これは素直に嬉しかったですね。

「自分のお袋と同じ位の年の方に『西島先生に又、会いたいです』と言われた時にはチョット涙腺きました。」

弥富市介護予防講座12回目の修了式のエピソードです。多くの受講生の方に今後も続けて欲しいと言われ、さらに他にも広めてほしいと言われれる。これが脳若のコミュニケータとしての醍醐味ではないでしょうか。

弥富市 脳若トレーニング最終回
弥富市 脳若トレーニング最終回

受講生の言葉に甘えることなくスキルアップ・人材育成をすることが私含めこれから必要になってくると感じています。

喫茶店でワンコイン。ここを講師の練習場所に

あま市の喫茶店、「ポニーハウス」での様子です。

あま市 ポニーハウスでの脳若
あま市 ポニーハウスでの脳若

こちらの受講生はすべて口コミ、広告費はゼロ。講師の場数を踏ませることを目的に開催されています。

来年度は、子育ての都合で時間的にパソコン教室のインストラクターが続けられないという女性講師を1名、認定予定。計画的に人材育成され、稼働率を上げています。

脳若やって良かった

今の時代のニーズに合った本当に社会的意義のある仕事だと、他のコミュニケータ共に共感できている。また、どこの自治体営業に出掛けても、興味を持って話を聞いて頂け、参加者の方々の笑顔と「ありがとう」という言葉にやりがいを感じます。と西島さん。

サムライトはフランチャイズではありません。この「脳若」というツールをどんな風に使うか、それはその人次第です。それは何のビジネスでもそうであるようにタイミングの運、人の運が左右するかもしれません。ライセン先様は全国共通で実績を共有します。この事業を心から理解し、「脳若」をうまく当てはめてお客様の「困った」を解決できれば軌道に乗る。これは好事例だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA