レジリエンスと認知症予防

●●●●●●●●●
光岡眞里の「あゆみ」メールマガジン今日も元気にパワフルに!
作者:光岡眞里 2017年3月23日号 VOL.320 購読者:2318名
●●●●●●●●●

現在、「レジリエンス」をテーマに試験的に講座を開催しています。
九州大学応用生理人類学研究センター(レジリエンスデザイン部門)の先生方にも協力していただきながら、このテーマに挑戦しています。

受講されている方は70歳台~ですが、こういった講座においでになられる方々は元々レジリエンスが高い方だな、とつくづく感じます。当然ながら毎回とても充実した講座になっていますね。

会場はオシャレなカフェ
会場はオシャレなカフェ

よく似た現象で、自治体の予防講座。健康志向で意識の高い方が受講される傾向があるため、「本当に来ていただきたい人」(ひきこもりがちな一人暮らしの男性等)が受講しないからなんとかしたい、なんていう保健師さんの悩みもよく聞きます。

ある程度の「時間」と食べるに困らない「お金」があり、何より「ものの考え方」に余裕がある方は「新しい良質な情報」を得る機会も多くなります。だからより健康で幸せな生活を送れている可能性が高い。

こういった方々は「レジリエンス」も向上しやすいと考えます。
冒頭紹介した「レジリエンス講座」におみえの方を観察すると、特にこれまで通り普通に生活していっても健康寿命は長い方の方々です。さらにこの「レジリエンス」という情報を得ることで、これまでよりさらに上質な健康(特に心の健康)を獲得できる。最上級のサクセスフルエイジングだということです。

なぜ高齢者がお金を払ってでも運動する場所へ通うのか?

・若さと長生きに繋がると確信している
・体調(体形)も良くなっていると実感する
・コミュニティができればそこへ通うのも楽しくなる

これでず~っと続けて通うことになるのだと思う。

体と同じように心(脳)もしっかりと鍛えなくちゃ、さらに「レジリエンス」を上げなきゃ!(これが結果的には認知症をも予防するのよ!)

という考え方を一般に広く伝えていくのが私どもの仕事です。
どうしても最初は一部の限られた方から始まる。それをどんだけ広げられるか?が難関です。

やる価値はあります。
*****************
★日常生活を取り戻すトレーニングツール『脳若ケア』が誕生しました。
http://nouwakacare.com/
iPadでお試し版を体験できます<脳若ケアLite>無料
https://itunes.apple.com/jp/app/nao-ruokealite/id1141292964
★セミナー開催
みなさま、多数のご参加をお待ちしております。
<各種セミナーお申込みページ>
http://kaigo-yobo.com/contact/seminar/
★脳若ブログ http://blog.kaigo-yobo.com/
★メルマガ登録・配信停止・ご感想・お問い合わせ
info@somelight.co.jp

株式会社サムライト
光岡眞里
*****************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA