花を飾る


花を飾る

私のメンターとも言える先輩に「どんなに貧しくてお金がなくても、花だけは飾りなさい」と教えてもらってから、飾るようになりました。昔は庭があったのでバジルを植えたりしてた時代もありましたが、基本、性格上、植物を育てるのは不得意です。

「花を飾る」ことを教えてもらってからは少し変わりましたね。余裕のない自分が見えてくるというか。単に花に癒されるのではない。

「今日はまたいちだんと綺麗に咲いてるねぇ!」「あ!少し開いてめちゃくちゃ可愛い!」とか声に出して言ってあげると、喜んでるのがわかるんですよ。花ともコミュニケーションを楽しめる。少しでもそういう余裕のある自分を第三者的に見ることで落ち着けているんじゃないだろうか。

image

昔読んだ本にこんなのがあった。大きくなってしまった植物の鉢を変えるときは、数日前から「鉢の引っ越しをするからね」とずっと言って聞かせるんですって。すると通常根が張り込んでびくともしない植木がスポンと抜ける、というんです。その話を思い出して声掛けをするようになりました。

オトナ熟女子

最近流行ってるドラマは「オトナ女子」ですかね?私はその上の世代ですから(笑)「熟成女子」をめざしてそういうカテゴリを作ってみました。老眼もすすんできてほんとにお年頃なわたしですが自分らしくそれなりに綺麗に暮らしたいという気持ちからこのカテゴリを加えました。

毎日、仕事、仕事、仕事!このまま「おっさん」(あれ?行き過ぎた?)と呼ばれたくない!でも気持ち悪い「おばさん」にもなりたくない(ってなんなん?定義が定かではない)

おひとり様がこれからどんどん増えていく中、おひとり様でない人も是非。

「花を飾る」への2件のフィードバック

  1. ホント、オッさんらしかった人から大人女子に随分進化しましたね。ちょっと余裕が出てきた雰囲気あり。(本当は大変なのに、そう見えない) よっ、ステキ女子!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA