通所A受託準備で毎日『脳若』。4ヵ月で延べ250人、差別化をアピール

介護予防・日常生活支援総合事業の波紋

自治体が平成29年度までに移行しなければならない総合事業(正式には介護予防・日常生活支援総合事業。厚労省の資料はこちら
介護業界含め事業者として、これからはいかに地域と密着したビジネスを展開できるかが大きなポイント。当然、国の予算をあてにすることを言っているのではありません。介護報酬が引き下げられ、利益を出すことすら難しい今、業界も生き残りをかけて模索しています。介護保険がいつか底をつくのなら、何もしないでいるとおそらく立ち行かなくなってしまう。国も社会も団塊の世代が75歳以上になる2025年、そしてその次の世代、またその次の子や孫の世代の為に今どうすべきなのか?を真剣に考える必要があるのだけど・・・・日々、暮らしていかなければならないのも事実です。そんな中、この度の介護保険制度改正、介護業界だけでなく、戸惑っているのは地方自治体だと今年一年現場を歩いてみて強く感じています。先月、厚生労働省老健局の「認知症施策推進室」と意見交換をさせていただきましたが、どの自治体も戸惑っていることは認識しておられる。制度を作られる方も日々戦いなのでしょう、情報発信も遅れ気味です。特に私どものライセンス先様で通所Aを受託予定で動いているところは自治体の明確な回答も遅く、(近隣の自治体の動きを見てから方針を検討する、なんていうころが圧倒的に多いのです。)情報が少なすぎるという声をよく聞きます。

脳若ステーション@機能訓練型デイサービス「健やかな木」。『脳若』毎日開催、4ヵ月で延べ250人!差別化をアピール。

姫路の太子町、おおはら接骨院(http://o-haraseikotsuin.com/)にお伺いしたのは今年7月。岐阜での講演会の前に寄り道しました。
まだ、ライセンスのご契約をいただいてすぐでしたので今から準備、という時期でした。

実際に脳若ステーションが行われているのは太子町にある機能訓練型デイサービス「健やかな木」。脳若担当で、生活指導員でもある若手ホープの神應寺君が現場、営業、そして自治体との交渉を頑張っています。アカデミーは福岡で受講され時々電話やメールで自治体の動きについて情報交換しています。

機能訓練型デイサービス「健やかな木」
機能訓練型デイサービス「健やかな木」

「え?毎日やってるの?!」

「はい。受講者さん少ないときでも今は勉強と思って。毎日、午前午後やってます」

若いっていいですね。息子と同じ年代で若いパパという事もあり、エネルギーを感じます。デイという場所は飽きがこないように職員さんはどこも大変な努力をされていますが、こちらは新しい切り口で外部にもアピールできる『脳若』で差別化を図っているとの事。また、毎日のように耳にする「認知症」というキーワードに利用者様が敏感に反応され、孫世代が使っているiPadに触れるという事で余計に興味がわいているのだそうです。もちろんケアマネや地域包括へも積極的に宣伝しておられます。来年は自治体の協力を得、各公民館に声掛けをして脳若体験の機会をドンドン作っていく!とやる気満々の神應寺君、新たな活動報告が楽しみです。

デイサービス「健やかな木」での脳若講座
デイサービス「健やかな木」での脳若講座

ある日送られてきたメール

「今日の講座に認知症の方が参加され、これぞデイサービス という雰囲気が伝わる写真が撮れましたので送らせていただきます。普段から気性が荒く、対応が難しい方なのですが、『脳若』で接しているうちに自ら話しかけてくれたり、笑顔も見られるようになりました。介護業界の人間が忘れかけていた事が自然な形で行えています。」
このメールは嬉しかったですね。

デイサービス「健やかな木」での脳若講座
デイサービス「健やかな木」での脳若講座

今の時期、まさに自治体との交渉で私との電話やメールのやり取りも多くなってきました。とにかく地域の公民館で自主開催でいいから実績を作ること、担当者向けのデモ講座、これが必須だと伝えました。見て、体験してもらわなくては始まらないからです。いよいよ来年の6月から『脳若』を活用して総合事業を行う事になるのですが、ただ単に講座の開催、機能訓練による予防効果を上げる事だけに注力するのではなく、まだまだお元気な高齢者の発掘、育成を行いボランティアや地域活動へ促すことを同時に行ってほしいと考えています。地域への広がりを事業者自身が実践することが国のいう「住民主体の・・・」に繋がり、ゆくゆくは自分のビジネスにもきっと有益な影響を与えることになるはずです。

九州大学芸術工学部との共同研究。行為分析から認知機能の向上、そして高齢者のレジリエンスを探る。

なぜエビデンスか?

「脳若トレーニング」を事業としてやれないかと模索し始めたころ、イギリスBCCがスポンサーになって行われた大規模な研究がニュースで流れました。「英国脳機能テスト」と呼ばれるそうですが、結果、「脳トレは役に立たない」という記事が世界中に出回りました。脳トレやゲームのイメージが安っぽくなったきっかけだったのではないでしょうか。ところが、この研究はすぐに研究方法と解釈に不十分な点が多々あり、かなり批判されたらしいのですが、それがニュースになることはなかったという事を最近知りました。

当時私は、パソコン教室に集まってくるシニアさんを見て、パソコンはあくまでツールであり、必要なのは人との繋がり、コミュニケーションだと強く感じていました。だから介護予防を切り口にiPadをツールにし、コミュニケーション重視の講座を作ろうと考えた事は、本当に自然な流れでした。

あの研究が、発表された時はやっぱりゲームだけ黙々とやるのは意味がないよねと思ったものです。アプリを作るのでなく集合で出来る教材を作り、「コミュニケーション」を『脳若』の特徴としてアピールしてきましたが、やはり「脳トレ」のイメージはぬぐえないものでした。だから介護施設でもレクリエーションとしてしか見てもらえなかった。高齢者の方が喜んでいただければそれでいいじゃないか、エビデンスなんかいらない、と割り切っていた時期も確かにありましたね。

最近の研究ではfMRI等に代表される脳の神経画像処理技術の急速な発達で、様々な事が明らかになっているようです。脳の機能を良くする事は何歳になってからでも遅くないとされ、運動だけではなく脳のトレーニングの効果、脳を鍛える事の重要性を明確に証明しようとする研究が世界中で進んでいます。

私自身、脳の事はまだまだ未開でエビデンスって無理があるよね、という考えを持っていましたので、これからはもっと前向きに「科学的な根拠」についてアンテナをはる必要があると思っています。

『脳若』の科学的根拠は?

DBJ(日本政策投資銀行)の女性ビジネスコンペで残った時、最後の審査員からの総評に「エビデンス」の必要性を指摘されました。また同時に、こんなに受講生の様子が変わり、喜んでもらえる事業をもっと広めたい、その為に研究発表を行うことには意義があるんだと自分で腹落ちしてからは早かったですね。忘れもしません、福岡県粕屋町の役場の駐車場に早朝から福祉課の担当者が出勤してくるのを待ち伏せ、エビデンスプロジェクトの協力を直談判したのでした。「研究費を国の補助金をあてに待っていたらいつまでたっても出来ないんです、自腹でやりますから協力してください!」そう言って始まったエビデンスプロジェクト。町内の65歳以上100名を対象に実証実験を実施(ホントは400名集まったのですがなにせ自腹ですから…泣く泣くお断りしました)。九州大学人間環境学府(当時)の北野祥子氏により、実験計画・評価の支援をお願いすることができました。そして学会発表まで、今思えばあっという間でしたね。

2014/10/26「第9回日本応用老年学会大会」
2015/9/26「第5回日本認知症予防学会学術集会」

人前で喋るのは慣れていますが、さすがに「アウェイ」(笑)ですから医者や研究者の前で発表するのは緊張しましたね。

神戸で行われた第5回認知症予防学会
2015/9/26「第5回日本認知症予防学会学術集会」
脳若トレーニング介入効果【即時再生】
脳若トレーニング介入効果【即時再生】
脳若トレーニング介入効果【遅延再生】
脳若トレーニング介入効果【遅延再生】

九州大学芸術工学部との共同研究で何を模索するのか?

今年から始まった大学との研究なのですがタイトルは「認知機能のレジリエンスに関する基礎的研究」。「レジリエンス」というのは心理学の言葉で、「復活力、回復力」のようなニュアンスの意味です。
手始めに、「脳若トレーニング」の様子をビデオに収録し行為分析を徹底的に行うことから始めました。丁寧に、アナログで見える形にしたものがこちら。

共同研究打ち合わせ(九州大学大橋キャンパスにて)
共同研究打ち合わせ(九州大学大橋キャンパスにて)

私は学者でないので詳しいところはわかりませんが、こんな順番で行われればいいなと思うんです。

  1. 仮説を立て、データを集めて、検証する
  2. アウトプットしてまとめる
  3. 形にしてサービス、商品として世に出す
  4. 多くの人がその恩恵にあずかる

この度の共同研究、私が担当する仕事は3ですね。

良い研究を行ったとしても、それがちゃんと世の中に出て、本当に役に立たなければ意味がありません。

正しい広告宣伝、教材への落とし込み、使いやすいアプリの開発、が私どもの役目となるでしょう。まだまだ道のりは長いですが、これぞ着実に前に進めるべき事として来年のメインテーマになるはずです。

高齢者運転を正面から考える。まずは地域のコミュニティ作りから。銚子大洋自動車教習所の挑戦。

JTBとタクシー乗り放題

高齢者を対象にタクシーが定額で乗り放題となる実証実験が、来月から福岡市で実施されます。(福岡市で実験“高齢者タクシー乗り放題”(http://rkb.jp/news/news/30123/))

高齢者ドライバーの事故多発をうけて、タクシー会社もJTBも社会貢献、また広報活動の一環として行っているようですが(JTB広報室)シニア層のタクシー利用者や旅行会社はこれからここが大きな市場となるのを見据えているようです。

脳若ステーション@銚子大洋自動車教習所

私ども『脳若トレーニング』のライセンスご契約者様には様々な事業者様がいらっしゃいます。小さなコミュニティスペースで「脳若トレーニング」を行う為にパッケージ化したものが「脳若ステーション」です。

ステーションとして最初に私どもが想定したのはパソコン教室、地域の集会所、介護施設等でした。中でも意外だったのが自動車教習所さんです。高齢者運転・・・なるほど、と思いましたね。
しかし、問題はたくさんあります。高齢者に運転を促すのか?認知症の方は運転してはいけない?その見極めは?そして法令の問題・・・・難問は山積しているのです。

そんな中、銚子大洋自動車教習所の澤田社長が立ち上がっていただきました(ちょっと大げさですかね)

銚子大洋自動車教習所(http://www.choshitaiyo-ds.com/index.html

「脳イキイキセミナー」で初めて銚子に行きましたがとっても素敵なところでした。この講演会では銚子市の後援をとったものの、集客は独自。作成したチラシで、ある限りの人脈を使い、当日は約80名のご高齢者様が参加頂きました。第2部の千葉県警安全運転教室も面白かったです。講演会後のアンケートでは36名の方がこのようなトレーニングに興味があるとお答えいただき、認知症予防に対する問題意識の高さを目の当たりにしました。特に福岡市とは違い銚子では車なしでは生活できないという地方の問題も大きなところです。

その後、地域の集会所や教習所のお休みの日を使って脳若トレーニングを開催。ほぼ毎日、銚子のどこかでトレーニングが開催されているのです。トレーナーとして活躍されているのが澤田社長の妹の昌子さん。笑顔が素敵な人気講師ですがこれからは人材育成にも力を入れていかれるでしょう。

銚子太洋自動車教習所での脳若トレーニング
銚子大洋自動車教習所での脳若トレーニング

「つっかけ履きで歩いてトレーニングに来ていただくことが、私がこの脳若トレーニングを始めた時の理想でした。免許を持っていない方でも気軽に通っていただける場所です。」と澤田社長。イメージが実現したと思います。嬉しいですね。

銚子太洋自動車教習所の地域貢献
銚子大洋自動車教習所の地域貢献

高齢者運転と脳のトレーニングについて

教習所で行われる安全に運転するための指導というと、今は交通標識を覚えるようなドライバー教育に焦点が当たっており、神経学的な視点からというのは恐らく少ないのではないでしょうか。例えば視力の検査、視野の検査などはありますが、これからは注意力をコントロールする能力などというのも顧みられるようになるでしょう。

脳のトレーニングを行うことによって様々な学習転移が起こる。それに伴い地域活動が活発になれば、生活が変わってくる。(脳若トレーニングにはその力がある!)これが運転にも影響されていくものと私は信じているのです。

様々な微妙な問題を抱えながら立ち向かっていく様は頼もしいばかりです。澤田社長の高齢者運転の問題を熱く語るときの真剣な顔が好きですねぇ。女性社長同志、たぶんお互い惚れてるんだと思いますね(笑)

やはりライセンス先様は皆そうです。でないとこういった問題を正面から取り組むことはできません。これからの社会の動き、そして自分の立ち位置を確かめながら共に力強く歩んでいきたいものです。