カテゴリー別アーカイブ: 07.あゆみメールマガジン

毎週木曜日9時にメールマガジンを発信しております。「あゆみメールマガジン」のバックナンバーを記載します

自己効力感とは?「未来の自分への自信と準備」

●●●●●●●●●
光岡眞里の「あゆみ」メールマガジン今日も元気にパワフルに!
作者:光岡眞里 2017年1月12日号 VOL.310 購読者:2307名
●●●●●●●●●

2013年粕屋町で始まった脳若トレーニングエビデンスプロジェクト。
評価尺度の一つに「自己効力感」テストというのがありました。

学会発表では触れませんでしたが、実は自己効力感、落ちちゃったんですよ。

★自己効力感とは
人が何らかの課題に直面した際、こうすればうまくいくはずだという期待(結果期待)に対して、自分はそれが実行できるという期待(効力期待)や自信のことをいう。 心理学者のバンデューラが唱えた概念で、動機づけに大きな影響を及ぼす要因の1つと考えられている。

その行動を実際に始めるかどうか、
どのくらい努力を継続するか、
そして困難に直面したときにどのくらい耐えられるか、
ということを決定づけるのが「自己効力感」。(コトバンクより)

これが落ちたとなれば、ちょっと焦りますよ。
で、当時ヒアリングした中でどういう声が多かったかというと

「自分はいつまでも若いと思っていたのにトレーニングをきっかけに
改めて認知機能や集中力の低下をまざまざと感じた」
というものでした。

このままじゃヤバイ!

と感じたことが要因だとすれば、それはそれで大変興味深く
意味があることだとポジティブに捉えましたけどね。

未来の自分への自信、どのくらいですか?そして準備は?

時間と月日がたつのはみな同じ。若いころはいいですよ。
でもみ~んな平等に歳をとる。
また認知症に関しては誰でもなり得る病気です。

亡くなった母はあんなに元気だったのに
将来の自分への自信がなくなったと思い始めた途端に
弱っていったような気がします。

根拠のない自信ではなく
根拠のある毎日を過ごし、
積み上げていくのが定石でしょう。

健康、認知、知識(スキル)もそう。
それに伴い、「柔軟性」も大事な要素となります。
頑固はダメッ(^_-)-☆

レジリエンス(しなやかに生きる力)にも影響を及ぼす、
この素敵な生きるパワーを身にまといたいものです。
*****************
★脳若の新しい仲間として、『脳若ケア』が誕生しました。

介護施設での利用を念頭に、生活機能向上に役立つトレーニングとして開発。
iPadを中心に、(ひとりで)(対面で)(みんなで)楽しめるツールです。
目標は「日常生活を取り戻すこと」
クラウドで配信する多彩なトレーニングプログラムが、生活機能向上を目指した機能訓練を支えます。
iPadでお試し版を体験できます<脳若ケアLite>無料

★メルマガバックナンバー
★メルマガ登録・配信停止・ご感想・お問い合わせ
info@somelight.co.jp

株式会社サムライト
光岡眞里
*****************

行動の変容と未来の特典【脳若トレーニングとは?】

●●●●●●●●●
光岡眞里の「あゆみ」メールマガジン今日も元気にパワフルに!
作者:光岡眞里 2017年2月2日号 VOL.313 購読者:2307名
●●●●●●●●●

88歳のお母さまを持つMさん66歳。
スポーツクラブに通っていて「脳若」の事を知った。
最初は「こんなもんかなぁ」くらいの感想。
通ううちに、少しずつ自分の気持ちや行動の変化に気づき始めたとか。

ここで「行動の変容」というのを考えてみましょう
まずは受講生の変化の例をあげてみます

・新聞を毎日音読するようになった
・若い人に気軽に声をかけるようになった
・散歩のときに気にならなかった事に気づくようになった
・昔やりたいと思っていたことを始めた
・テレビを見る時間が減った
・タバコをやめた

等々

人が行動を変える時ってこんな順番だと
厚労省の資料にありました(生活習慣病予防のための健康情報サイトより)

「無関心な時期」から、「関心期」へ
(脳若の場合、脳も体と同じように少しは鍛えなくちゃ!と意識し始める等)

冒頭紹介した受講生は3年継続されていますので、「準備期」をへて
さらに「実行期」から「維持期」に入っていることになります。

最後は『習慣』になっているのですね。

ここまでくるのに必要な働きかけの要素として

・意識の高揚
・メリットの理解
・感情的経験(このままではまずいと思う)
・自己の再評価→解放(自信)
・行動の置き換え
・継続に対する報酬
・周囲のサポート

があげられます。

認知症の予防をはじめ、未来の自分の為の講座って
たくさんあるけど、基本はやはり・・・

自分を知り、自分で気付くところからなんですね。
難しいテーマです。

今日、楽しくて、ラクなのが誰でもいいから。

楽しくて楽に予防するために何をする?

それをITと人を使って形にして提供する。
それが「脳若」です。

*****************
★脳若の新しい仲間として、『脳若ケア』が誕生しました。

脳若ケアLP(A)


iPadでお試し版を体験できます<脳若ケアLite>無料
https://itunes.apple.com/jp/app/nao-ruokealite/id1141292964
★セミナー開催
みなさま、多数のご参加をお待ちしております。
<各種セミナーお申込みページ>

脳若セミナーお申込み


★脳若ブログ http://blog.kaigo-yobo.com/
★メルマガ登録・配信停止・ご感想・お問い合わせ
  info@somelight.co.jp

株式会社サムライト
光岡眞里
*****************

東京ビックサイト【高齢者生活支援サービス展】

●●●●●●●●●
光岡眞里の「あゆみ」メールマガジン今日も元気にパワフルに!
作者:光岡眞里 2017年1月26日号 VOL.312 購読者:2307名
●●●●●●●●●

東京ビックサイト。
展示会に出展しています。

『「脳若」のサムライト』で出店
『「脳若」のサムライト』で出店

全国からこんなにたくさん人が来るんだ!
目的をもって情報を集める事を
皆さん熱心に、そして貪欲にしてるんだなぁ
と改めて驚きです。

ブースで、最初の一言は
「iPadを使った認知症予防のアプリです」
それ聞いて最初のイメージは「脳トレアプリ?」でしょうかね。
いかに自社のサービスを説明するかって難しいです。

車イス、とかカツラ、とか、見てすぐわかるものなら
良いんですけど。

しかしテーマを決めて来られている、
または自社の問題解決の為に何か情報がないか?
と来場されている方々ですので、
例えば話の中に「総合事業」や「サポーター育成」
「生活機能訓練」とかいうワードを使っても
すんなり話ができ、議論もできるんですね。

「考え方が同じ方向ですね、面白いサービスです」
と他県の事業所の方に言われてついつい嬉しくもなりました。

それから「このメルマガを3年前から読んでいる」
という方がブースに来ていただいたりもして
人と繋がるって面白いなぁとつくづく。

人と繋がって、縁ができて人間関係を構築していくプロセスは
今後私たちの仕事を大幅に変えるといわれる
「AI」にはまだ今のところ出来ませんからね

情報収集後の問題解決の為の優先付けはなどは
人間の得意とするところ。

匂いを嗅いで情報を集め、取捨選択の為に
時間とお金を使ってる。

朝は富士山、帰りはこんな景色。
朝は富士山、帰りはこんな景色。

やっぱり人間はすごいです!

 

*****************
★脳若の新しい仲間として、『脳若ケア』が誕生しました。
http://nouwakacare.com/
介護施設での利用を念頭に、生活機能向上に役立つトレーニングとして開発。
iPadを中心に、(ひとりで)(対面で)(みんなで)楽しめるツールです。
目標は「日常生活を取り戻すこと」
クラウドで配信する多彩なトレーニングプログラムが、生活機能向上を目指した機能訓練を支えます。
iPadでお試し版を体験できます<脳若ケアLite>無料
https://itunes.apple.com/jp/app/nao-ruokealite/id1141292964

★セミナー開催
みなさま、多数のご参加をお待ちしております。
<各種セミナーお申込みページ>
http://kaigo-yobo.com/contact/seminar/

★メルマガバックナンバー
http://ayumibacknumber.mitsuoka.main.jp/
★メルマガ登録・配信停止・ご感想・お問い合わせ
info@somelight.co.jp

株式会社サムライト
光岡眞里
*****************