50代の女社長と言われて

今夜はブログをスマホで、音声入力で更新してみたいと思います。しかも、50代の女、としてしっかりと認識した上で、素直な気持ちを綴ってみたいと。

おそらく同年代の女性にしか共感していただけないような話です。

さて、なぜ私がこんなことを書こうと思ったのか?
それは先日のテレビ出演(志情熱企業)の放映を見て、つくづく、😩あー年取ったなとしみじみ感じ、これからの生活や考え方をもう一度真剣に考えようと心から思ったから。

40代まではまだ、キレイなんですよ肌のハリが。
50過ぎるとガタっとくる。毎夜パックしても追いつかない泣
しかも、こないだの放映の時みたいに、一日中人前に立って仕事して、夜に近くなってくると完全にカラダの全てが重力に従う。どこもかしこもたるんできて、それがはっきりリトマス試験紙のようにあらわれる。

最近は老眼がまたすすみましたので、大きなディスプレイを3つも買い足し、なるべくメの負担も減らすようにしました。

講演やセミナーの時だけ、ヒールを履き👠、それ以外は歩きやすいものを。

左の膝が痛むようになり、時にサポーターをする始末。最近はもっぱらユニクロのパンツでごまかしてる。

これはまだ写真写りいい方で、かなりの確率でないと公開できない写真がほとんどになってきました。

Facebookのプロフィール写真なんて、いつまで使えるんだろう😅奇跡の一枚と言われる前に撮りなおさなければ…

年を重ねるって、「獲得」だと講演では皆さんにお話ししてるから、わたしもどうやってこの50代を過ごそうかと、本気で考えるようになりました。

40代の頃のようにピチッとスーツ、ハイヒール、キラキラの仕事人、みたいなのはあわなくなってきました。

もう少し素敵にできないかなぁ。

まず、外見は路線を変えようと思っていて、今までは小さいくせに大きく見せようとヒールで頑張ってきたけど、ペタンコのおしゃれーな靴で、パンツスタイルで決めたらどうか?
「この人50くらいだろうけど、なんかオシャレ」の路線を目指したい。

靴はこんな感じはどうかなと思ってます。

この本は主婦の友社から出ている「マダムシック paris snap」でして、ベッドの脇に置いていて、スーツを着なくてもよくなったら、こんな格好したいなってずっと思ってきました。
仕事をしている女性でもシックに主張している感じが憧れで、自分はまだまだだと思ってたけど…

でも、そろそろ練習始めてもいいんじゃないかと思うんです。

個性的で、上品でシック❣️

これが目標。

これを実現するためにはもっともっと色んな経験して、いろんな人に会って、本読んで、情報をインプットしたらきちっとアウトプットできないといけないかなと。顔ににじみ出てきますからね、今度は…
若さがない分、目立つわけです、そういうの。

派手でなく、謙虚だけど主張はあって好印象。

よし、そこ目指して準備始めます!!

まずは質の良い睡眠から。

おやすみなさい⭐

フォローする

コメント

  1. 香野芳之 より:

    バイタリティ溢れる貴女はとっても素敵だと思います。(私のような爺に言われてもうれしくないか?)外見ばかり気にしてメイクばかりに気を取られている若い女性は婆と思いますよ!実際は20代なのに40代以上に見える人もたくさんいます。私は63歳ですが気持ちは30代のつもりです。しかし歳にはどんなに逆らっても勝てません。体は確実に老化の一途をたどっています。これは自然の摂理であって誰も逆らうことはできません。
    だからこそ、貴女のバイタリティある言葉をSNSで知った人たちは勇気づけられているんだと思うのですが・・・(私も頑張らないと!という気持ちになりますよ。)

    • 光岡 眞里 光岡 眞里 より:

      ありがとうございます。まあ、年をとると、どうしても若さが無いぶん、どこかで補わないとダメってことですよね。お互い素敵に年をとっていきましょう!今後ともよろしくです。