【行動の変容を促す】脳若ノート第3弾完成です

今回も力作です。表紙を一目見た受講生様は「あ!かわいい~」とおっしゃるのだとか。

気になる中身ですが…少しご紹介しますね。

まず、どのレッスンも、アクティビティポイントで身体活動をみます。自宅での活動、外出しての活動、さらに本格的な運動について書きとめていきます。

さらに、「生活チャレンジ」というのがあります。

例:本を一冊読む、ご近所さんと会話する、簡単なボランティアをする等

期間中(通常は1週間)に実行したものに〇をつけるのですが、期間が始まる前に気に留めておきますので、機会あれば行動にうつそう!という意識が働きます。

さらに「今週のトピック」では、楽しかったことや感動したことを3つ、書き留めていただきます。皆さんはレコーディングダイエットというのを聞いたことありますか?これは食べたものを書くだけで、痩せるっていう、ちょっと前に話題になったものですが心理学的な観点から「食べたものを書くだけで、食べるものを意識するので痩せられる」という仕組みなのです。このことにヒントを得て、毎週、楽しかったことや感動したことを3つ書くことで、少しずつ行動を意識していただきます。なるべく楽しいことや感動するような経験をすることができるように自ら行動を促すことが目的になっているのです。

さらに、「今週のレジリエンステーマ」があります。脳若では「レジリエンス」というワードをとても重要視しています。年を重ねてもレジリエンスを高く保てるようトレーニングするというのが脳若の大きな目的。長年生きてきた人生を肯定し、時には枠を外すことも推奨していきます。

レッスン8は法隆寺(金堂と五重塔)を描き写しです。難しいですがとても集中します。

「昭和の思い出」塗り絵。思いをはせながら無心になって塗ったり、語り合ったりするのは楽しい作業です。

「外で見かけた『道路標識』を書く」という課題です。携帯電話などのカメラを活用することも推奨しながら、「外に出る」ことを促し「いつも気付かない事にも興味を持つ」ことが狙いです。

般若心経や英語をなぞったり、書き写したり、速読も入れています。テーマは様々です。

自治体の予防講座でこのノートを作ることになったのがきっかけで、制作を始めて5年になります。最初はほんとに簡単な脳トレのプリントでした。毎年、グレードアップさせているので初期からご利用の方は「だんだん難しくなってきたな」とやりがいを感じて、がぜんやる気になる方も多くいらっしゃいます。当然ですが、これがおっくうになってくる場合もあります。向き不向きはあるでしょう。それでも楽しく続けられるようずっと考え続けていきたいと願っています。

このノートの中には「つながりページ」というのがあります。この教材の目的は「行動の変容」ですが、ゴールは人と人が繋がってほしいということ。広島県の江田島市ではサポーター養成講座などを仕掛けて、コミュニティをうまく作る事で自主教室が50個(当初15個でした)も誕生しました。これは人と人が繋がったからです。こんなことのきっかけつくりになるような教材つくりが私たちのゴールの一つでもあります。

この5月より、全国のライセンス先様へ配信している教材に、紙のプリント教材を追加することにしました。毎月新しい教材を配信するというのは本当に地道な作業です。今年度はより丁寧に教材つくりを行っていこうと心に決めています。これが脳若(サムライト)の強みです。