高齢化率46.6%の町へ【広島大学病院~神石高原町講演へ】

広島へ来ています。
現在(もっと言うと昨日、私の頭の中でかたまった!)、日常生活支援総合事業の中の「元気高齢者の担い手育成のシステム作り」の来年度への提案がやっとギリギリで形になってきました。これはやってみないとわかんないんだけど、うまくまわっていくならライセンス先様とも情報を共有していきたい内容です。やれることはどんどんやって試す!のがサムライト流。失敗してもいいじゃん!やるだけやろう!と一緒に取り組んでくれる自治体があるからできる事です。感謝しなくては。

この提案は他自治体からも問合せきていますので恐らく、的を得てるんだろうなと。それでもホントにやる!という自治体はもっと少ないだろうけどね。

さて、今日は広島にきていて、広島大学病院の研究室にて打合せです。

広島スタッフによると、広島大学=東広島で、広島大学病院=広島市内の霞キャンパスになるらしい。(色々混乱させました(;^_^A)

実は「運動」+「脳若」の話が持ち上がっている。しかもそれを医学的にエビデンスをとろうというもの。これはライセンス先様にとっては絶対に嬉しい事だと思う。もちろん私もワクワクする。

いろんな縁があってこの話になっているんだけど、とにかく前に進める。

しかし、いくらかかるんだろ(;^_^A
いやいや、出来る中でしか出来ないんだから借金するつもりはない。

補助金なんかひぱってくる時間はないけど、協力してくれるっていう声があるかぎりはGOですよ。

ま、ここまでサラサラっと流れるように来ている話はおそらくうまくいくんだろうと思う。お金のことは気にしない。

で、明日は講演会なのね。

神石高原町。岡山県との境にある、広島県です。

読み方、知りませんでした~ →じんせきこうげんちょう
すごい、スピリチュアルな町名ですよね。

実はここ、先方から問い合わせあり来年度から「脳若トレーニング」始まるんだけど、なんと高齢化率46.6%なのね。

今まで、全国いきましたけど、講演会したところでは最高だわ。
で、年寄りばっかりの寂し~い町かというと、そうではないんですよ!

み~んな元気な高齢者なんですって!(福祉課担当者の話)

だって、「高速も鉄道もない町」で、ホントに山里って感じなんだけど、講演会するっていったらお年寄りや関係者200名近く集まるんですって。昨日の担当者との電話でそれを知ってビックリ。

で、さらにびっくりしたのは第2部の専門職勉強会も50人来られるとか。

町全体がものすごく活気ある感じする。真剣に考えてるんですよ。
多分、30年後の日本の姿がすでにきていて、超高齢社会の中で「自分の事は自分で最期までやれる」ようにしとかなきゃ、「誰も助けてくれないよ」状態なんですね。

講演ネタは新幹線の中で更新しましたよ。だって、新しい事例がどんどんでてきてるもの。

2日間、楽しみだわ。