マネタイズ

今日は気分を変えるべく、ドライブしながらスマホからブログ更新します。

「マネタイズ」

この言葉が響いたのははある経営者から「脳若で云々」の話をしていたとき。

この時の事は苦い思い出となった。

そういえば先週は「三井のリハウス」が名古屋でCSRの一環として「脳若トレーニング」を採用した。

社会貢献とマネタイズ、微妙なところだ。

もともと、このマネタイズってのは、金属から貨幣を鋳造するという意味で使われていたらしいが、今は「ネット上の無料サービスから収益をあげる方法のことで、収益事業化を意味する場合か多い。

来週早々に福岡市からプレスリリースされるが当社の「脳若365」ってサービスもいわゆるネット上の無料サービスとなる。

詳細は省くとして、昨年度末は本当にどうして良いかわからない状況から這い上がっての今があるんだけど、その中から生み出したのがこの「脳若365」。

経費はほとんどかかってない。実質私一人で回してるサービスだ。何かをはじめないと辛くてたまらない時期だった。

LINE@を使ったのは、現在のシニア層が子供や孫との連絡手段にLINEを使っているから。6月から配信を初めて半年。フォロワーは今日現在で463名。どん底から考えたサービスにしては福岡市が提唱する「福岡100(福岡ヘルス・ラボ)」に受託されるなんて奇跡に近いと思う。当然、私一人で成ったのではなく、大学さんのフォローがなければあり得なかったし、ワードプレスで夜中の12時に自動的に切り替わる仕組みを設定してくれたスタッフがいなかったら今頃倒れていただろう。

さてマネタイズの話に戻る。

サービスの提供側は様々な方法で無料サービスからの収益をあげる工夫を行っている。GoogleやYahooなどのポータルサイト、Facebook、Instagramなどのソーシャルネットワークサービス、ニコニコ動画などの動画サイト、数多くある無料のブログ開設サービス、モバゲーなどの無料ゲームサイトなど、無料サイトはどこにでも存在する。その収益化は質の高いサービスを安定して供給するための必須事項と言えるが、うちみたいな小さなところでこんなことやってどうなるんだ?マネタイズできるんか?って話だ。

この「脳若365」のゴールは?

といわれると、来週公表することになるが「行動観察・行動分析による実証実験をもとに、健康維持・増進、健康寿命の延伸、並びに『コミュニケーションをとりたくなる行動変容アプリ』の開発普及」ということだ。

できんの?できんの?😅

今は資金も充分ないし、やる気やパワーだけじゃとうてい無理な感じなんだけど、、、、たぶん、

やれると思う。

なんと前向きな・・・

だって行動の変容は実際に表れているし、それはなぜなのか?っていうのを価値として形にすればいいわけですよね。簡単にはいきませんけど。

属性ごとに見えてくる「人の心」っていうのを毎日目の当たりにして、すごく身近に人間観察ができる環境が今、私にはある。

仕事じゃなくて、こういうのもっと掘り下げると面白いよなぁ。とは思います。その言葉は逃げになるか。

で、古典的なマネタイズ手法としては、バナーなどの広告、テナントやアイテム販売などの方法があるが、こんなんだけじゃ十全な収益の確保が難しい。

オンラインゲームへのアイテム課金など、ファン層の取り込みや、プレミアムサービスといった差別化サービスなどもあるけど、ターゲットの年齢層には通じない?やり方次第か?。

広告によるマネタイズも、より収益性が高いアフィリエイトなどの成果連動型のものと組み合わせてもねぇ。時間がものすごくかかるわりには、報酬はあわない場合が多い。

脳若事業全体を考えながら、医療、介護、行政、そして個人までを網羅することを考えるのはあまりに壮大な夢なのか?

でもずっとこれやってきてんだから、あきらめないですよ。

これやってくれると信じて皆んなついてきてくれてんだからね。やりますよ❣️

おわり。