介護予防の総合プログラムが完成。コンセプトは「脳と身体」そして「地域づくり」です。

そろそろ年度末。
来年度の計画を立てていらっしゃる方も多いかと思います。

サムライトの来年度の大きなイベントは全国規模の実証実験です。
先週、粕屋町との打合せの中で、「自分の身体をチェックしたいと思う人は多いはずだ」ということで大幅に教室を増やすことになりました。トレーニングを受けない評価チェックのみの方もあわせて、この町だけで200名はいきたいところです。
6年前に同じ粕屋町でエビデンスプロジェクトを行った際、ご協力者が400名も集まったのに、やむなくお断りし、100名に絞ったということがありました。今回はどうしてもお断りしたくないという思いがあります。
これからご案内資料の方は作成していきますが、このチラシの裏に日程を記載し、返信用ハガキをつけて65歳以上の粕屋町の住民8000名に送るというプロジェクトになります。まだ申し込みは開始していませんが、全国で行いますのでどのくらいの方が参加してくださるか?いくつかの自治体では声があがっていますから、大きなプロジェクトになると思います。これを5年、10年と続けたいと思っていますから。もちろん対象は自治体だけではありません。パンフを現在検討中ですが個人の方が有料でも受けたいという内容になりますので、最終的にはそこが狙いです。当然ですが自治体もそこを期待しています。(自助ですね)

これはまだサンプル。自治体向け、また有料講座でも開催するのでこのプロジェクトの価値が伝わるものにする予定。

現在、3月に行われる広島大学と共同で行う脳若コミュニケータスキルアップセミナーの準備に追われています。テキストの方はようやく第1版が出来上がり、入稿したところです。おいおい動画のほうも撮りためていき、実際の講座で全国のライセンス先様が戸惑うことのないよう万全を尽くしたいと考えています。

新しく3冊のテキストを入稿。監修は広島大学とゆたか内科消化器科の中島美和子先生。

運動プログラムは12レッスン中、後半の6回にガッツリ入ってきます。その他、栄養、口腔と総合的な介護予防プログラムがまんべんなく入り、従来の脳若プログラムもちりばめる。盛りだくさんですが、時間調整は各コミュニケータの力量ということになるかもしれない。最低これだけはやってくれというプログラムには★印をつけて明確にしています。要支援・要介護者の方向けには確実に結果が出るように負担なくゆっくりめを厳選しました。

脳若ノートも新作ができましたので、新プログラムにあわせ期待のレッスンが出そろったと思っています。実証実験が流れだしたら、あとは運動プログラムを日々増やしていくつもり。レベルごとにやっていきます。評価項目は10項目ありますが、実際に粕屋町ではサポーターを育てて評価のお手伝いができる人を募ることになりました。評価される側でなく、評価する方を学ぶと、ものすごく勉強になるんですよね。良い効果が表れると確信しています。こうやって、個人の方もたくさんのことを学んでいただけるコミュニティ作りを来年度は目指していきます。リアルでもWEB上でも。どちらもです。アプリ開発は本当に使われるものを作る必要がありますね。まだまだ試行錯誤ですが、自治体には5年後10年後を見据えていくことを説明しています。当然、私たち事業者はビジネスですので、利益を出す必要があります。その利益を分配、再投資するかどうかは別として、持続して循環する人つくり仕組み作りを目指します。もちろん、自治体ありきではありませんが、地域づくりで結果を試せるこの方法から始めます。評価は出すだけでなく、目標設定してもらうところに意味がありますからそこも工夫しています。価値をつけ、最後は個人の問題となる。結果を出します。

終わり。