徳之島旅行記~その②

ウンブキ

徳之島旅行記その②です。(その①はこちら
徳之島天城町。残念ながら快晴ではありませんでした。

空港でレンタカー借りたところからです。車で、でちょっとの時間を見つけてはウロウロしました。この「ウンブキ」は空港からすぐのところでしたので寄ってみることに。鍾乳洞が沈んで400メートル先の海底とつながっているという海底洞窟なんですって。へぇと思いながら階段を下りていきました。

誰もいないし、なんか寂れた感じを受けたんですが、古代の歴史と自然を感じました。専門の研究者にとってはものすごい価値のあるところなんだろうなぁ。あまりにも壮大な感じがして正直、「怖い」と思った。おもわず、「すみません、ちょっとだけ見せてくださいね」って呟いて洞窟の方へ進みました。

干満の影響で水位が変化するのですが、私が行ったときは水は少なく蒸し暑い空気とともに洞窟全体が「よそ者が来たぞ!」って言ってるような気がしました。で、しばらくして帰ろうかなと思ったら、小さな音がしてギョッとしたんですが
それは「アカヒゲ」でした。わ~初めて見た!案内板の写真と同じ鳥だ。

次の日、脳若トレーニングで受講生さんにこの話を興奮して紹介したら、「そんなもん島中どこにでもおるわい」と一掃されましたけど・・・(笑)

さとうきび畑と牛、そして海!

レンタカーで走ってます。こんな感じ。ふつーに道路の真ん中に車止めて自分の用事をしている人がいたりして、すごく平和だなぁと思いました。

信号で前の車に黒い牛が乗ってて、こっちを見てきたので思わず「これが闘牛か!」と叫んでしまいました。

島のあちこちに牛がいた。

それからこういうのも無人で売ってて、珍しかったです。さすが南国。

何がうってるかというと「ドラゴンフルーツ」でした

今回の宿はユニーク。「みためはお家、中身はホテル」というキャッチも面白い「レッドイン」さんです。オーナーの方もとても親切。次の日にお会いした脳若トレーニングの受講生で、今回の人集めをしてくれたお世話人の女性がこのオーナーさんのお母様とはその時は知りませんでしたけどね。すんげーご縁だなぁ。

チェックインした後、今日読む漫画をチラッとチェックしてまた出かけました。宿の近くに奄美群島国立公園「犬の門蓋」(いんのじょうふた)があるということで、明日行く社会福祉法人さんの下見が終わった後で寄ってみることに。

まだ日が落ちる前で、曇ったり晴れたりで蒸し暑かったですが、ここも独特の空気感がありました。沖縄とはまた違う。

荒波で浸食された奇岩が雄大です。

大きな二つの穴の開いた岩の写真が有名みたいですが、その一つから見える景色です。

ギリギリまで進んで(危なかったけど(;^_^A)こだわりの一枚です!

おかげで、日に焼けてしまい、ホテルに戻って慌ててパックしましたがすでに手遅れ・・・顔がヒリヒリしながらマンガ読んで休みました。

コンビニでパックを買い、かっぱえびせんと今日の漫画wでお肌のお手入れ中w

社会福祉法人様訪問

お伺いしたのは社会福祉法人天寿会様。最初にびっくりしたのは駐車場にこの看板!書いてることがスケール違うなと思い、思わずパチリ。

朝、一番で乗り込み、脳若トレーニングを久しぶりに60分間みっちりやりました!わたし、現場で一人でトレーニング開催するの、ほとんどないので逆に緊張してしまいました。見学も5名ほど、天城町役場と社会福祉協議会からもおみえでした。

いや~楽しかったですよ。もうノリノリ!一人なので写真もありませんが、すごく元気でパワフルな方ばかり。おそらく、80歳前後の女性ばかリでしたが子宝空港というくらいですので「肝っ玉母ちゃん」の軍団という感じでしたね。体が続く限りは働くのは当然、という感じでして「島で長く商売してるけど、まだまだ現役よ」なんて声も聞こえてきました。昨夜宿泊した「レッドイン」のオーナーのお母さんも「ちょっと、先生、名刺ちょうだい!これいいわ~!老人会なんかのイベントではちょっとした時間になにしようかって迷うこと多いのよ。島で広まれば嬉しいから」とものすごくフランクなんです。良い出会いでした。

スナック?喫茶店?お食事チロル。

お昼をはさんで天城町役場へ行くことになっていたのですが、昨日からわたし、ここにハマっていたのです。

紫の扉の向こうは・・・

どうしてもここを紹介したくて。島の人に昼ご飯どこがいいか?って尋ねたんですね。そしたらここを教えてくれました。この扉、開けるのけっこう勇気いりましたよ。どう見ても夜はスナックなんだけど、この豊富な食事メニューに驚き。

営業時間朝 8時~夜12時!だよ、どんだけ働いてんだ~~~!

普通に美味い!ボリューミー!

作業着姿のおじちゃんとサラリーマンでほぼ席はうまっている。私はかなり異様な客でした。このひとら、かなりの頻度でここに来ているんだろうなと推察。厨房はすべて女性。やはりパワフル。この女性たちが島の男の胃袋つかんでるんだわ~

天城町役場へ

天城町役場では、午前中の脳若トレーニングを見学していたのでこの説明はいらず、町の総合事業についてディスカッション。熱く語りあい、2時間!あっという間に時間が過ぎました。現場でやってる方々は本当に一生懸命ですよね。たっぷりと情報交換できました。

ただ、残念だったのは、役場の方から「私たちは島から出ることはほぼないんですよ。こんな話になるのなら、徳之島の全自治体(あと2市町ね)を呼んで話を聞いてもらうべきだった、失敗しました。また来てくれます?」と言われたこと。嬉しいけど、そう何度もここへは来れないよなぁ。講演会に是非呼んでください、とお願いしてきました。

で、とっても仲良くなった担当者の方に、「夕方の飛行機で博多へ帰るのですが帰りに何か見るものがあるか?」と尋ねましたら「とりあえず、蛇みていきません?」といわれまして・・・

役場の敷地内にある「ハブの館」

うっそ~~~~この町では、地域住民がハブを採って役場に持ってきたら買い取ってくれるんですってぇ~~~。

ほんとに頭が▽

今日は雨も降りだしてシメシメしているのでハブがよくでるとか・・・ぎょえ~~と恐々写真だけ撮らしてもらいました。

とまあ、最後までみっちりと徳之島を満喫させていただきました。お土産はドラゴンフルーツと与名間ビーチで拾った石と貝殻です。
会社には女性陣には黒糖饅頭、男性陣には黒糖焼酎!

徳之島の印象は?
はい、やっぱり女性が元気だってことです。w

お付き合いありがとうございました!

***********

東京、大阪でセミナーを開催中。詳しくはこちらへ