脳若ケア【赤とんぼ】で生活機能向上をめざす

「感動する」教材を作って!

開発のメンバーにお願いしたのは、

「感動するような教材を作ってほしい、例えば、つい歌いだしたくなるようなの」

そんな風にお願いしました。

皆、忙しくしてるのですけど、ダメ出しして作り直してもらったのがこれです。
夕方の空を撮りに行ってくれたし、音のアレンジもとても素敵に仕上げてくれました。

最近、涙腺が弱くなってきたのかなぁ。恥ずかしいんだけど、何度やってもこのプログラムは泣いてしまう。自分も歳をかさねていったらきっとこれを静かなところで歌ってるなって想像できるんですよね。子供の時母親と歌ってたみたいに。

生活機能訓練

例えば「週に一度カラオケに行く」という長期目標を立てたとします。皆で一緒に歌を歌ったらきっと楽しいし気持ちいいですよね。外出機会を促し、目標を立ててハリのある生活で毎日を過ごしていただきたい。そんな思いでプログラムを開発しています。

5月の2週目くらいにversion1.4が出ます。
それまでお待ちくださいね。

認知機能評価ツール NoAH の問題のランダム化(いろんな問題が出る)と結果もPDFで出るようになります。まだまだ簡単なものですけどね。

結果はこんな感じに一枚で印刷できる。このほかにプログラム履歴のログもメール送信可。
結果はこんな感じに一枚で印刷できる。このほかにプログラム履歴のログもメール送信可。

次のバージョンアップもご期待ください。少しずつですが進化していきます。

脳若ケアの詳細はこちら

総合事業提案セミナー(東京開催)

濃い一日

本日行われる脳若アカデミーや明後日のコミュニケータ向けフォローアップ研修など、サムライトで行うセミナーは(事前準備の課題もあわせ)かなり濃い内容になっています。

昨日の「総合事業提案セミナー」では3県から4名のご参加。
これも朝から夕方まで一日中缶詰めでみっちりです。

ちょうど前日、福岡県宇美町のサポーター養成講座で行ったワークを皆さんにご紹介しました。

これは地域で活躍する皆さんに、サクセスフルエイジングを提案して地域活動を促すのが目的のセミナー。100歳までをイメージしてもらうワークです。

この4月からいよいよ総合事業がいっせいに始まりましたが足並みが揃っているわけではなく当然、地域により温度差があります。
その中で、恐らく一番最後に手をつけざるを得ない時間のかかる「住民主体」「生活支援」「ボランティア」「生きがい」などのキーワードがあり、仕組みづくりの中で我々が事業者として何が出来るか?を明確にすることは「脳若」事業に携わっている方々にはとても重要な課題だと思っています。

ライセンス先様一人一人のワークも白熱しました。情報を共有しながらディスカッションし、行動計画を立てるきっかけ作りです。

「脳若」を伝えてほしい

やはり共通して言えるのは、

「脳若」という事業の中身を理解した上で自社の強みを足し算、掛け算して価値を作り上げるという事。さらに自社、またはコミュニケータ個人として一人でも多くのファン作りをする事です。

セミナー等も積極的にを開催して「脳若」を知ってもらうために色んな事を一緒に学んでいきたいと思っています。

講演家になれと言っているのではありません。
「脳若」の本髄を広く周囲に伝えて欲しい、それが願いです。

今日も目いっぱい(無知で何が悪い)

昨日も絞り切りました~毎日そんな感じ。
時々ものすごく不安になるときもあるけど、「脳若の生徒さん、絶対辞めないんですよね」なんて声を聞くと「良いんだよね?この方向でいいんだよね?」と自分に言い聞かせてます。

今日もめいっぱい。
でも体力含め、余裕はたっぷりです!

PS
今回のホテル、東京のど真ん中なのに安いなと思ったらカプセルでした。荷物をロッカーに預けるので行ったり来たり…なんで一回で終わらないんだーと思いきやカードをカプセルに忘れてロッカーに行ってしまい、人が来るのをじーっと待ってたり…会場に行くのにも日本橋を逆に歩いてまた道に迷うし…
私はホントにアホやなぁと思うけど、これ以上でも以下でもなくて、私って価値ある人間に見せようとしてるだけで中身ゼロなんじゃないか?って、落ち込んでても仕方ないので自分の足りないところを認めて努力しながらやってくしかないよねと、いつまでたっても慣れない東京の空を見上げて歩いてます。

脳若ノートにレジリエンス・メソッド

Nouwaka Note Vol1.2 for your future

脳若ノートが新しくなりました。

オシャレなデザインを心がけます
オシャレなデザインを心がけます

表紙も新しく明るいイメージ。
この六角形は「脳若ケア」のトップ画面からデザインを流用しています。
主に全国の自治体で行われる予防講座で使用されています。

世界遺産めぐりは相変わらず好評。細かく塗り絵をしてくる方も。
世界遺産めぐりは相変わらず好評。細かく塗り絵をしてくる方も。

今年のは何といっても「レジリエンス・ポイント」があるということです。

レジリエンスポイントで行動の変容を促すのが目的です
レジリエンスポイントで行動の変容を促すのが目的です

ノートの中の一文を紹介しますと、

***********************
「レジリエンス」とは「しなやかに生きる力」という意味です。
このトレーニングでは「レジリエンス」を向上させる為に「行動の変容」を促します。
日々の生活の中で、新しいことにチャレンジしたり、いつもと違うことをやってみたりすることで「行動の変容」を促し「レジリエンス」を向上させましょう。
***********************

なんだかワクワクしませんか?
脳若教室は男性の参加率が多いことが特徴ですが、このノート、男性の方も驚くほど熱心に書いてこられます。

さらに12回終わるころには、「普段の生活の中での自分の意識が確かに変わった」という声は高い確率で聞くことができます。

レジリエンス・メソッドを入れて

レジリエンスについては、九州大学さんと共同研究しており、今日のNHKニュースでもちょうど先生方が紹介されていました。

【九大が防災の授業を新設】
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170410/5325601.html

この先生方と研究を行っています。

九州大学応用生理人類学研究センター
レジリエンスデザイン部門
准教授 尾方 義人 先生
【レジリエンス・デザインとは】
http://nouwaka.com/nouwaka/resilience

九州大学 応用生理人類学研究センター
レジリエンスデザイン部門
准教授 藤 智亮 先生
【共同研究の目指すもの】
http://nouwaka.com/effect/joint/purpose

この脳若ノート、すでに福岡では好評です!
全国の皆さん、是非手に取ってみてくださいね。

 

iPad一台で出来るトレーニングツール
「脳若ケア」進化してます!

『みつおか式 脳若トレーニング』のサムライト光岡 眞里のブログです。

profile

㈱サムライト代表取締役
光岡眞里

ITを活用したみつおか式「脳若(のうわか)トレーニング」をライセンス販売にて全国展開中。

”]ŽáƒgƒŒ[ƒjƒ“ƒO

”]ŽáƒPƒA

–³—¿ƒAƒvƒŠ‚Ì‚²Ð‰î

Š”Ž®‰ïŽÐƒTƒ€ƒ‰ƒCƒg

Facebook

“Á’è”ñ‰c—˜Šˆ“®–@l ‰îŒì—\–h‚Å“ú–{‚ðŒ³‹C‚É‚·‚é‰ï